未来創想コラム

十日えびす

投稿日:2010年1月12日

カテゴリ : 手元供養に関するコラム

2010年1月、寒い日が続きます。
今日は雨ですが、商売繁盛を願う十日えびすの週末。
大阪は良いお天気で、かなりの人出があったようです。

開運招福 今宮戎不況の中、少しでも福にあずかろうと願うのは人の常ですね。 大阪の今宮戎では11日までに100万人の人出を見込んでいるとか。
例年、境内には「商売繁盛でササ持ってこい」の掛け声とおはやしが鳴り響き、
福娘に縁起物を付けてもらおうとササを持った参拝客が長い列をつくっています。

福笹をもって地下鉄で電車の中で福笹を持った人に出会いました。
景気が回復しないと笑顔が出ませんね。
当社のような商売では、「商売繁盛」というのもなんだか変で、心苦しいですが、
「商売が繁盛すれば、悲しみが癒される人が増える」のでは?と思いたいです。

日曜日3人の10代のお子さんとお母さんがショールームにおみえになりました。
まだ、お若いお父さんが亡くなったそうです。

「子供たちと一緒に選びたいから」と日曜日をご希望で、急遽おいでいただくことになりました。
みなさん、それぞれにペンダントをお買い求めいただきました。
「一生持つものだから・・・」とお母さんは慎重に選ぶように子供さんたちにおっしゃっていました。
お骨の納め方も詳しく説明させていただきました。

お子さんたちの成長を楽しみにされていたであろうと思うと、何とお声をかけたらいいのかわかりません。
そんな私に、みなさまは「ありがとう」と温かい笑顔を返してくれました。
ありがとうございました。