未来創想コラム

百日草-仏さん花-

投稿日:2010年9月8日

カテゴリ : 手元供養に関するコラム

百日草はよく見かける花ですが、
香川県三豊市では、仏さん花というのだそうです。

百日草

毎日新聞「女の気持ち」9.7 64歳の女性の方

(前略)

お墓に供えられ、毒々しい感じが若い頃は好きではなかったが、
今は私も年をとった故か見方が違ってきた。
暑さに耐えられず1日で枯れてしまう他の花より長持ちする。
百日間も咲いているから百日草と命名されたのだろうが、
確かに乾燥にも強い。
どんなに暑かろうが、誰も水をくれなかろうが、雑草のように平気で生きている。

(中略)

亡き祖母は、畑の端にこの花をつくり、太平洋に散った長男が眠る軍人墓地に日参していた。

(中略)

大変な猛暑の日本だが、戦争がないだけでもありがたく思うし、
百日草に負けないよう、たくましく生き延びよう。

暑い暑いと不平ばかり言っていたら、亡くなった方に申し訳ないですね。
夏場は生花の持ちが悪く、お仏壇のお花もすぐに萎れてしまいますね。
そんな夏は、プリザーブドフラワーでも、造花でも宜しいのではないでしょうか。
そろそろ生花が嬉しい季節かもしれません。
プリザーブドフラワーは派手な色目がほとんどで、故人を偲ぶにはちょっと・・
と以前は思って、仏事用に特別にお作りした経緯がありましたが、
最近は仏事用にも数多く販売されるようになりましたね。