未来創想コラム

バンクーバーCANA展示会① 王立カナダ騎馬警察によるセレモニー

投稿日:2012年8月24日

カテゴリ : 手元供養に関するコラム

カナダのバンクーバーで開催された展示会に行ってきました。

バンクーバーの街並み会場はThe Westin BayshoreのBallroomでした。

今回の展示会はTheCremationAssociationOfNorthAmericaという団体の主催です。
葬儀関係の業者が集まります。
今回はこれまで私が参加してきた展示会の中では一番小さい規模のものでしたが、
様々な収穫がありました。

最終日には朝8時~王立カナダ騎馬警察によるIn Memoriam Ceremonyという式典が行われました。
なかなか、厳粛で華麗な式典でした。

騎兵警察によって静々と運ばれる棺粛々と棺が運ばれます

霊柩車を敬礼で見送る騎兵警察霊柩車を見送ります

ホテルから配られたおしらせこれに先立って前日には宿泊客に対して、ホテル側からお知らせが配られました。
セレモニーがバールルームで行われて、騎馬警察によって棺がバールルームからホテルエントランスの駐車場に運ばれ、霊柩車に乗せられて行くこと、
その際バグパイプの演奏があること。
なお、その棺はセレモニー用であって、EMPTY(空)であることが太字で記されていました。

宿泊客も見学ができます、ご理解ご協力を、というような内容でした。
日本のホテルであったら、このような儀式は例え、デモンストレーションとしてでも許可されなかったのではないでしょうか。

それにしても、アメリカ人は朝が早い。
最終日は7:30~10:30までが展示会で、午後からは霊園ツアーが企画されていました。
次回は、その霊園ツアーをご報告します。