コラム:春・はる・春

投稿日:2010年3月15日

カテゴリ : 手元供養に関するコラム

以前テレビで、ペット用の遺骨ペンダントが紹介されたそうです。
残念ながら私は見ませんでしたが、「行列の出来る芸能人通販王決定戦」という番組の中で有吉さんが紹介されたそうです。

こちらはペット用ですが、そもそも遺骨を入れるペンダントは当社が日本で初めて故人様用としてご紹介しました。

いまでは、ペットも家族の一員ということでペット用にお求めの方もおいでになります。
また、製造・販売の会社も数社あるようです。
お客様の選択肢が増えたのはいいことですね。

この記事を執筆している前日、当社に「以前に新聞で見た」というお客様がおみえになりました。
マスコミの力はすごいですね。
お友達同士で、遺骨ペンダントを見たいということでおいでいただきました。
チタン製の遺骨ペンダントやシルバー製の「涙のしずく」を気に入っていただいたようです。

シルバー製「涙のしずく

チタン製「ファミリア

お一方は、ご主人様を亡くされて13年になるそうですが、お話しているうちに涙ぐんでしまわれました。
分骨したご遺骨を自宅に置かれていて、ご自分が亡くなったときに一緒にしてと伝えてあるのだそうです。
13年前というと、奥様はおそらく40代後半か50代初めくらいの時ではなかったでしょうか。まだ本当にお若いとき、その時の悲しみ、無念さをお話しながら思い出されたのでしょう。

また悲しい思いをさせてしまいましたね。すみません。

何年たっても、悲しみは消えることがないのですね。
それでも、お友達と「帰りにイタリアンでランチしましょう!近くにいいお店はありませんか?」とお元気に過ごしておられます。

亡くなられたご主人様、ご安心して下さいませ。奥様は、大丈夫です。
紫がかったブルーのセーターがよくお似合いでしたよ。

手元供養に関するコラム 遺骨ペンダントに関するコラム 手元供養に関するコラム