遺骨の粉末化は手作業で行うのですか?海洋葬(散骨)をお考えの方から

投稿日:2012年3月29日

カテゴリ : 手元供養に関するコラム

ある日、当社の遺骨ペンダントをご愛用のお客様から、海洋散骨に際してご質問がありました。
「粉骨サービスは手作業によるものなのでしょうか?」というお問合せでした。

粉骨サービスにはミキサーのような粉砕機でする場合が多いのかもしれませんが、
当社では、ボールミルという器具を使って行います。

セラミックの筒の中にお骨とセラミックでできたボール数個を一緒に入れて、
筒を機械においてグルグルと回します。
すると、ボールとお骨がぶつかり合って、次第に細かくなります。
1~2時間ほどカランカランと高い綺麗な音を立てながら筒が回りますと
お骨は粉末化されます。

手作業ではありませんが、刃物は使わないので、優しい方法だと思います。
「遺骨を砕く」というようなことは、滅多にすることはないですし、
できるだけ、やさしく取り扱って欲しいと思われるのは当然ですね。

カロート®ペンダントにお骨を納めるときにも
ペンダントの種類やお骨が硬かったりすると「砕」かないと
いけないということで、心を痛められる方もいらしゃいます。

具体的なお骨の納め方に付きましては、いつでもお問合せ下さい。

これから散骨にはよい季節になります。
心を込めてお骨を粉末にしていただける業者さんを捜して、
気候のよい、海の穏やかな季節になさってください。

お天気に恵まれますようお祈りしております。

手元供養に関するコラム 遺骨ペンダントに関するコラム 手元供養に関するコラム