手元供養

手元供養とはどのようなものか。また遺骨ペンダント、デザイン仏壇、ミニ骨壷といった未来創想の手元供養品をご紹介いたします。

手元供養とは

形式にとらわれない自由で新しい供養のかたち

愛する人を亡くした時、人は生きる気力すらなくしてしまうことがあります。
このようなとき、故人の遺骨をペンダントや指輪などに納め身につけたり、装飾された小さな骨壷を身近に置くことで、一人ではないと実感することができます。

宗教観に縛られることなく身近な場所で、または手元で自由な形で故人を想い偲ぶ事が手元供養です。
宗教観にとらわれることなく残された人のお気持ちを大切にして手元供養は生まれました。

手元供養品のイメージ写真

手元供養の特徴

  • 悲しみを和らげられる
  • 故人を身近に感じられる
  • 宗教や様式にとらわれない
  • 高いデザイン性の供養品
  • 「自分らしさ」を求めた供養品選び

手元供養はこのような方のためにあります

  • 定期的なお墓参りが困難な方
  • 何らかの事情でお墓を建てられない方
  • 様式に縛られない祈りの空間を作りたい方
  • ご遺骨を身近においておきたい方
  • 常に故人を身近に感じていたい方

広がりをみせつつある手元供養

これまで日本では、納骨までの日々を故人の遺影と遺骨に語りかけて過ごすことが当たり前に行われて来ました。
ところが、納骨することによって突然そのやすらぎの場を奪われ、納骨しないと「成仏できない」などの宗教的観念により、遺族の思いは遠ざけられてきました。
そのため遺骨を持つということに抵抗感を持たれる方も多くいます。
その反面遺骨と離れがたいと感じる遺族も多く、昨今ではごく自然に少量の遺骨を自宅に残したり、遺骨ペンダントにご遺骨を入れて身につけたりするようになりました。
今では日本での宗教観・葬儀やお墓に対する考え方も変化し、故人を偲ぶ自由な供養方法として近年広がりをみせつつあります。

未来創想の願い

ご遺族の気持ちを慰めるものを
少しでも元気をもらえるものを商品に

1999年秋、当社代表の松村は人が亡くなった時、最後に残される遺骨を身近に残す方法がないものかと考えていました。その後、アメリカに遺骨を納めるKeepsake Pendantといわれるペンダントの存在をしりました。
そのペンダントは母親を亡くした娘さんたちが考えたもので、全米で販売されていました。
世界中、亡くなった人を思う気持ちは一緒だと感じました。
ご遺族の気持ちを慰めるもの、少しでも元気をもらえるものを作りたいという想いから、2000年納骨できるペンダントを「カロート®ペンダント」と命名して販売を開始いたしました。
未来創想では現在カロート®ペンダント以外にもデザイン性の高い小さな骨壷や仏壇など手元供養の商品をご提供しております。
大切な人を亡くした方が笑顔を取り戻せる日がくることを願って。

未来創想代表の松村

未来創想の手元供養品

遺骨ペンダント

さりげなくいつもそばに

ご遺骨をペンダントのボディーに納める当社オリジナルの遺骨ペンダント(カロート®ペンダント)は豊富な種類で長期間の使用に耐える高品質の素材で作られています。

ミニ骨壷

愛する人はあなたの手の中へ

手元に置いておける手のひらサイズの当社のミニ骨壷は美しいガラス製や温かみを感じる焼き物などをご用意しています。未来創想こだわりのミニ骨壷をご覧ください。

デザイン仏壇

故人を偲ぶ空間を演出

故人の雰囲気に合わせた色や形、お部屋にマッチしたデザインで選ぶという選択肢も。様式にとらわれないデザイン性の高い小さな仏壇をご用意いたしました。

オーダーメイド

世界に一つだけをあなたに

故人の思い出を形にしたい、自分だけのカロート®ペンダントを作りたいとお考えの方にお勧めです。未来創想で職人の手による世界に一つだけのペンダントを。

皆様の「私の手元供養」

これまでに未来創想の手元供養品をご購入いただいたお客様からからお寄せいただいたお写真の一部をご紹介いたします。

ご夫婦の大切な結婚指輪をメモリアルペンダントに再生させて頂きました。

シンプルで上品なハートが、お客様の雰囲気にとってもマッチしていました。

金属アレルギーでもステンレスは毎日身に付けていられると喜びのご報告。

ご遺骨が見えるタイプのリングは、「いつも一緒」と強く感じられるとのこと。

お部屋にさりげなく置いても骨壷に見えないとご満足のお声を頂きました。

お部屋の雰囲気を崩さずコンパクトで素敵なお仏壇になりましたとのご報告。

かわいい手元供養品や上手なディスプレイが心を癒してくれそうな雰囲気です。

「おはよう」と手を合わせ話しかける、生活の中で大切な場所になったようです。

皆様の手元供養を是非お寄せください

手元供養は自由な供養方法です。

「私はこのように使っています。」
「お部屋にこのようにディスプレイしてみました。」

そんなあなたの手元供養を是非ご紹介させてください。

お写真の投稿はLINEのトーク上に送るだけ

友だち追加